画像や編み図表示されない場合はこちらをご覧ください。

かぎ針編み|バック細編みで作る簡単コサージュの編み図

バック細編みで作る簡単コサージュ

毛糸とレース糸、素材の違う2種類の糸を使って作るコサージュです。

鎖編みの作り目から2段編んでクルクルと丸めるだけでできるので、初心者さんでも簡単にできると思います♪

※暮しニスタで2017年1月に公開している「初心者さんも簡単♪かぎ編みのコサージュ」をこちらに掲載し直しました。

 

材料・針・サイズ

毛糸・レース糸
※少量、どんなものでも大丈夫です。

3〜5mm リボン:20cm程度
レース紐:20cm程度
コサージュピン台座付き:1個
ボンド

2/0号かぎ針・5/0号かぎ針
※用意した毛糸の指定針をご使用ください。

編み図

バック細編みで作る簡単コサージュの編み図

編み方

STEP.1
毛糸・レース糸それぞれを編み図のように編む
毛糸とレース糸それぞれで編み図の通り編みます。2つのブレードができます。
作り目は鎖編み35目を編みます。
2段めは長編みを編みます。
3段めはバッグ細編みを編みます。
糸は少し長めに切って残しておきます。
STEP.2
最初にレース糸で編んだものを丸める
バック細編みの側を上にしてクルクルと巻いて、開かないように編み終わって切った糸で縫い留めて糸の始末をします。
レース糸が巻けました。
STEP.3
レース糸の外側に毛糸で編んだものを巻きつける
レース糸の方の巻いたものの外側を毛糸で編んだものを巻きつけます。
バック細編み側をレース糸・毛糸とも揃えて巻きます。
巻いたら、編み終わって切った糸で縫い留めて糸の始末をします。
2つを巻いて、糸の始末が終わりました。
STEP.4
コサージュピンをつける
コサージュピンにつけるときはリボンやレースを一緒につけます。
コサージュピンの上にリボン(レース)、その上にSTEP.3までで作ったコサージュをのせて、ボンドで留めます。
リボンだけを飾るとこんな感じになります。
レースも入れるとこんな感じになります。
お好みで飾ってくださいね。