画像や編み図表示されない場合はこちらをご覧ください。

かぎ針編み|ルームシューズ−1|くつ底と側面の編み方

ルームシューズ

ルームシューズの編み図・編み方を紹介します。
編み方の説明は全3ページありますよ♪

使用糸・針・サイズ

並太~極太(8/0号かぎ針で編める毛糸)2種類(本体用と縁編み用です)
8/0号かぎ針
足のサイズ…22~23cm

編み図

ルームシューズ底・側面編み図

編み方

STEP.1
底を編む(編み図黒字)
まず、底を編みます(編み図黒字部分)。
作り目は鎖編み3目で編み始め、2段目~4段目は両端を増し目し、1段につき2目ずつ目を増やします。
5段目~31段目までは増減なし、1段9目の細編みを編みます。
32段目~34段目は両端を減目し、1段につき2目ずつ目を減らします。
真ん中の幅は6cmくらいです。
側面が少し底側に来るので小さめで大丈夫です。
STEP.2
底を1周細編みで編む
底が編めたらその周りを細編みで縁編みします。(編み図青字)
細編みは、上下3目、側面両側25目、斜めになっているところ4箇所4目ずつ拾って、全部で72目拾います。
STEP.3
側面を編む
1周細編みが編めたら、続けて36段目~41段目まで編んで糸を切ります。
41段目は、2目一度を4回編んで4目減目して1周を68目にします。

立ち上がりがある方がかかと側です。
足のサイズが22~23cm用なので…大きくしたり小さくする場合は、底と側面の段数を増やしたり減らしたりして、調整してくださいね!

幅を広くすると大きくなり過ぎるので…気を付けてくださいね。

参考 ほぼ日手帳|ルームシューズCrochetart hime*hima

次のページ:足の甲の部分の編み図

ルームシューズ かぎ針編み|ルームシューズ−2|足の甲の部分