画像や編み図表示されない場合はこちらをご覧ください。

かぎ針編み|ルームシューズ−3|リボンをつける(飾り部分)

リボン飾りのルームシューズ

最終的にこの写真のよう編んでいきます。
リボンを付ける部分のちゃんとした編み図が書けなかったので…説明とイラストで紹介しますね!

前のページ:足の甲の部分を編む

ルームシューズ かぎ針編み|ルームシューズ−2|足の甲の部分

編み図

編み方

STEP.1
リボンを編む
ルームシューズ
ルームシューズ2(甲の部分)で、ここまで編んでいます。
足の甲の部分を編む時に、こんな感じで編み目を作っていましたが、ここにリボンにするものを編んでいきます。
先ほどの編み目に新しく糸を付けて、細編みを6目編みます。
写真は、細編み1目編めたところ。
6目編めて1段目が終わりました。
このまま16段まで細編みを編みます。
STEP.2
リボンの反対側を縫い留める
16段編んだ後、反対側は作っておいた編み目に縫い綴じます。
全部の目を縫い綴じたら最後は裏側へ糸を出し始末します。
STEP.3
リボンの真ん中を編んで留める
リボンの真ん中の編み図。
上の編み図から、リボンの真ん中で留める部分を編みます。
編めたら、16段編んだところの真ん中をつまんで、付けて、縫い綴じます。
縫ったところはリボンの後ろ側に向けて完成です。

リボンにしないでボタンとかで飾って完成させても良いかと思います。

ルームシューズまとめ

ボタン飾りのルームシューズ かぎ針編み|ルームシューズまとめ