hime*himaのかぎ編み作品と編み図のブログ

かぎ編み雑貨(主にドイリー)の編み図を紹介しているブログです。

オリジナルの編み方を考える|アルファベットの編み図の作り方



編み図をご利用の前に必ずお読みください。よろしくお願いいたします。
▽▽▽▽▽
[編み図をご利用いただくときに守っていただきたいこと] http://himehima.com/attention

続けて、アルファベットの作り方…編み図の作り方…と、いうか考え方…を説明しますね。

前回までの記事

blog.kagiami-cafe.com

blog.kagiami-cafe.com

このアルファベットガーランドについて解説します 

f:id:himehima:20170729214323j:plain

 
ここで紹介したのは、「Thanks!」だけでしたが、アルファベットの作り方がわかると、他にも
いろんな単語のガーランドが出来るじゃないか…と、いうことで、アルファベット作りの簡単な決まりを3つ紹介しますね。

アルファベットの編み図の考え方3つの決まり

f:id:himehima:20170729214327j:plain

 

1.縦横の太さ

まず、1つ目…一番上の H ですが、ABCパターンそれぞれで横と縦の太さに違いがあります。

今回私が紹介した H はAパターン なんだけど、横2マス、縦2マスで出来てるのでいいバランスになってますよね。 
でも、横も縦も必ず2マスじゃなきゃダメということでもなくて…SとかBとか…ちょっと混み合った?文字だと、横も縦も2マスだと10目×11段じゃ足りなくなるなので、こういう時は、縦横のどちらかを1マスにすると作りやすくなります。 
この縦横のマス目は、バランスを見ながらやってみてくださいね。
 

2.斜めは2目もしくは4目で

そして、2つ目、斜めの場合…縦や横みたいに1マスだけでは使い物にならないので、2マス(2目)、もしくは4マス(4目)で、1段ずつズラして作ると良いです。
急な斜めは4マスで、緩やかな斜めは2マスで…使い分けると他のアルファベットにも応用できると思います。
 

3.左右対称に

最後に…3つ目、左右上下対称になるように考えるとキレイな文字になります。

例えばAなら、真ん中をとって左右同じマス目にならないと、変な仕上がりになってしまうのでちゃんと同じマス目にするようにしてくださいね。
 
 
良かったらみなさんも他のアルファベットを考えてみてくださいね!